沖縄県民はショック 【首里城火災】

DIALY

10月31日朝、ベッドから立ち上がりテレビをつけると画面には燃えている首里城がありました。

理解するのに時間がかかり、ラインニュースを開くと『首里城火災』の文字が。

「え!!」

「まさか首里城が」という驚き3割とショック7割でした。

僕は沖縄出身です。家が首里城からそんなに離れていなかったので、よくランニングで通ったり、夜にはライトアップを見にドライブに行ったものでした。

沖縄県民にとってはあって当たり前でしたし、沖縄の歴史が残る沖縄の象徴的な存在でした。

 

その日の夜、たまたま沖縄の高校の同級生と飲む予定があったのですが、やはり、話題は首里城の火災でみんな口をそろえて

「はあ~、でーじショック~」

と言っていました。

おそらく沖縄県民全員がショックを受けていると思います。

 

ほぼ全焼してしまった首里城。

まずは、首里城火災にて関係者や近隣住民が無事だったことが良かったです。

また、全国から首里城再建にむけて寄付金が集まっており、10月4日の時点で2億円を超えたそうです。

沖縄県民だけではなく、たくさんの人が再建にむけて動いてくれていること非常に感動しています。

職人不足や材料不足など様々な問題があるみたいですが、なんとかもう一度首里城が見られることを祈っています。

そして、同じことが二度と起きないようしっかりとした原因究明をしてもらい、各地の遺産等に情報提供してほしいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました