【子どもの教え方】と教員について考えてみた

DIALY

僕は現在、大学生をしながら、アルバイトをしています。僕自身、長年水泳を選手としてやってきたことから、アルバイトは水泳のコーチとして、子供たちに水泳の指導を行っています。子供たちの年齢は7~13歳で、1レッスン15人ほどの子供を見ています。

このアルバイトをやってみて実際に感じたことは、「子供への指導は難しい」です。

熱心に聞いてくれる素直な子は伝えたことをすぐに吸収してくれるため、こちら側も教えていて楽しいです。

水泳に関心もない子供たちは、おしゃべりをしたり、他の子への邪魔をしたりしています。

そんな子供たちが混ざった集団になると教える以前に、こちらに注意を向けさせないといけません。

そのために僕は、以下の3点を意識して指導しています。

  • 常に笑顔を見せず、怒るときとのメリハリをつける
  • 連帯責任を課し、集団で動いていることを意識させる
  • 子供を否定しない(このせいでたまに舐められますが(笑))

この3点について自分なりに考えたことを以下で説明していきたいと思います。

※最後に教員に対して思ったことを述べています。趣旨と少しずれていますが、見てくれたらうれしいです。

常に笑顔を見せず、怒るときとのメリハリをつける

常に笑顔だと、コーチは怒らない人だと勘違いしてしまい、子供たちは常に緊張感を持たないまま過ごしてしまいます。

僕自身、多少の緊張感はあった方が吸収しやすく、泳ぎ方も身に沁みつきやすいと考えているからです。

そのために、メリハリをつけ、必要な時には怒る必要があります。しかし、そんな僕も普段は怒るような人ではないので、最初は怒れなかったです。ですが、子供への教育という観点から見ると、いけないことをした時に怒ることは不可欠だと考え、指導しています。

 

連帯責任を課し、集団で動いていることを意識させる

さっき、必要な時には怒ると述べましたが、指導する側としてもできるだけ怒りたくないものです。なので、僕は連帯責任を課すことで子供たちに怒られるようなことをさせないようにしています。

具体的には、

僕のクラスには泳いでる途中に止まって他の子供の泳ぎを邪魔する子供がいます。

それを防ぐために、止まったら全員バタフライもう1本追加という連帯責任を課しています。これをするだけで止まることは多少は減りました。

それでも止まって邪魔をする時は、怒ります。(笑)

 

子供を否定しない

最後に子供を否定しないことも意識しています。
よく子供たちが「今日学校でこんなことした」「彼女いるの?」「胸毛ボーボー」などと言って近寄って来てくれます。
もしかしたらこんなこと言われてイラっと来る方もいるかもしれません。ですが、僕は全て受け入れて正直に話すようにしています。
例えば、「彼女いるの」に対しては「いるよ」と答えて、「〇〇も早く彼女作れよ」と言うとその子の恋バナになったりします。
「胸毛ボーボー」と言われたら、「ゴリラみたいでしょ」と自虐を言ったりします。すると、それ以上「胸毛ボーボー」と言ってこなくなります。(笑)
以上のはほんの少しの例ですが、これは対子供だけではなく、対大人でも使えると思うので、「否定はしない」ことは常に意識しています。

最後に

最後にこのアルバイトを通して強く感じることを勝手ながら書かせてください、すいません。
僕のように子供15人を教えるだけでも大変なのに、学校の教員は約30人を1人でみています。朝7時出勤の夜9時退勤が普通で、残業代は出ない。何か問題が起こると時間を作ってその子の家まで行かないといけない。マル付け作業という膨大な単純作業。土日も部活の顧問でプライベートな時間が少ない。
このように、教員という職業は非常に大変です。そんな中、子供たちの未来を第一に考えて教育を行っている教員たちを心から尊敬するようになりました。
教員の自殺率は高く、非効率な仕事が多いなど様々な問題が「教員」という職業には存在しています。これからの時代、改革等が進むことで教員たちの負担が少しでも減ることを願います。
子供の教え方を考えているうちに、以上のような想いが湧き上がってきて、つい書いてしまいました、すいません。。。
僕も子供たちがしっかり泳げるようになるよう、残りの期間頑張って指導していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました