新入社員の悩み【理想と現実のギャップ】

DIALY

会社員になって早半年が過ぎた。

社会人になって時が経つのが早い気がする。やりがいを感じながら働けていたからだ。

しかし特に最近、部署が変わって悩むことが増えた。

「世界に社会貢献をしたい」

そんな希望を抱いて入社した今の会社。営業で採用されたため、世界を飛びまわって貢献しようと思っていた。

蓋を開けてみると配属されたのは経理。

配属先が発表されたときはショックと驚きで何も考えられなかった。

しかし決まったことなのでとりあえずやってみるしかない。まずは先輩たちに経理についてどう思うか聞いてみた。

すると「おめでとう!」「数字がわかるようになることは強みになるよ」など前向きなお言葉をかけてもらえた。

少しずつ経理に対して前向きになってきた中で、迎えた経理での初業務。

数字管理と営業からの会計相談が主な業務で正確性がものすごく求められる。

1か月ほど経過し、「経理は何のために業務を行っているのか」と自分に問いかけてみた。どう考えても「会社のため」という答えにしか行きつかなかったときに、理想と現実のギャップで頭痛が激しくなった。

入社した当初にやりたかったこととは全然違うことをしていて、なぜか勝手に涙がでたこともあった。

その時に強く決意した。

独立して自分が命を燃やしてでもやりたいことをやろう

そう決心がついたときに、経理がいずれ役立つことを感じ、まずは目の前のことを全力でやろうと思えるようになった。

会社員は会社に雇ってもらってる身なので、どこに配属されても文句は言えない。さらに、行っている業務に対して悪くない給料ももらえるし、福利厚生もあるため、身を守られていることは会社に感謝すべきだと思う。

それでも、お金より、いずれ独立して自分が命を燃やせることをやりたいと思った。

なので、いつになるかわからないが、1年後かもしれないし、5年後かもしれないし、10年後かもしれない。それでも、今はその目標に向けて目の前のことを全力でやろうと思う。

理想と現実にギャップはあるけれど、そのギャップを埋めていくために自分自身を成長させていけるよう一日一日を大事に生きていく。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました