【僕らが毎日やっている最強の読み方】

 

 

 

 

 

 

 

 

僕らが毎日やっている最強の読み方

 

池上彰と佐藤優の忙しいお二人がどのように情報を得ているのかを書いた本。

メモ

忙しくても工夫すれば時間は作れる。

読むことは目的ではなく手段。

本から得る情報はセミナーや講演会よりも内容が濃いし、コスパよい。

自分の知識レベルに合わせて読もう。無理して難しいものを読まなくてもよい。

情報収集するならネットよりも本や雑誌がよい。なぜなら作り手が時間とお金をかけて作ってるから。

ネットでは関心あることをさらに深く知ることができるが視野が狭くなる。

時には中高生の教科書を読んで基礎を学び直すのも大事。基礎があるかないかでインプットの質は変わるから。

感想

本を読むことでたくさんの疑似体験や教えを得ることができると改めて感じた。

お二人が本や雑誌から情報を得ることに対してワクワクしてるのが伝わってきたし、ネット社会が進む中でデジタルデトックスを行う重要性も感じた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました