【リノベーション物件】1週間住んでみて感じたこと

DIALY

約築50年のリノベーション物件に引っ越してきてちょうど1週間が経ちました!

住む前と実際住んでみた後のリノベーション物件に対して感じた差があったので、今回は実際住んでみて感じたことを紹介したいと思います。

住む前に懸念していた点は以前の記事に書いてあるのでこちらをご覧ください。

築50年のリノベーション1年目物件に決めました!!

 

生活音について

僕は2階に住んでいるのですが、住む前は1階への生活音が気になって居心地悪いかなと思っていたのですが、フローリングがクッションフロアになっており、音が響きにくくなっているためものすごく助かっています。

しかし、壁が薄く隣の人の声やテレビ音が若干聞こえてくるため、多少の我慢は必要でした。窓を閉めれば隣の音はなんとか軽減される点は良かったです。

 

日当たりについて

現在の家、日当たりがものすごく悪いです。

晴れていても曇りだと勘違いするぐらい悪いです。

というのも窓を開けてすぐ目の前には家が建っているため、日差しが入り込む隙間がないんです。

そのため、こわいです洗濯物は乾きづらく、夏季の湿気がこわいです。

ただ、南向きなのでお昼になるとめちゃくちゃ少し日差しが入ってきます。僕はその日差しにものすごく癒されています。

現在、「まるで留置場みたいだな」と思いながら記事を書いています(笑)。

 

収納について

僕の家、収納ゼロなんです!!

「これまじできつい!!」  と思いきや、

意外といけました。

というのも断捨離しまくって、ベッドや服、机などたくさん処分しました。

それでもまだ物は多いですが、3段棚が2つあるのでそれをいかに有効に使うかがカギでした。片づけてみると意外と見栄えは良い感じで収納できました。

女性や家族持ちにとっては難しいかもしれませんが、男一人暮らしだからこそできたかもしれないです。

 

総合的にみて

いろいろ書いてきましたが、総合的にはものすごくいい家です。

きれいで駅近で街自体も暮らしやすい。また、部屋は狭いですが秘密基地かのような部屋にすることができ、わりと気に入っています。

今の家↓

どうですかね。結構精いっぱい片づけてるつもりです(笑)。

狭い部屋をいかに住みやすくするか考えるのも楽しいので、これからもアップデートしていきます!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました